JA7ZFのブログ

Member of The Akita DX Association

 

475KHz帯の送信機製作その2

 「まな板」に作り始めた送信機のその後です。 始めの設計で考えていた系統は、ICによる発振部(この前の記事)→ 6BA6 → 6CL6 → 813 でしたが、そこを少し考え直して6BA6以降を → 5763 → 813 に変更しました。 また、最初の「まな板」は少し小さかったので、大きい板をホームセンターで仕入れて組み直してみました。 

f:id:ja7zf:20210115112104j:plain

↑ 組み換え当初の配置など

 やはり板の上に組み上げて行くのは楽です。 普通ならアルミシャーシーなどに穴をあけたり、 パネルを付けたりと大変なのですが、 板なら例え失敗しても位置替えも楽々、ここまでは1時間もかからずに進みました。 取り敢えず5763までの動作確認をして見ます。 出力コイルのプレート側から4700pFを通して20kΩほどの抵抗を負荷にして動作させて475KHzの出力最大に各段の同調をとっておきます。

 さて、終段の813はフィラメントが10V 5Aなのですが、 手持ちのパワートランスには12.6V6Aのみで10V端子が無いので12.6V端子に降圧抵抗を入れる事にします。 ここで超簡単オームの法則より  R = E / I ですから、

12.6V - 10V = 2.6V    ∴ 5A 流して 2.6V 下がればいいので、2.6V ÷ 5A = 0.52 Ω  の抵抗をシリースに入れればOKです。 実際には1Ω10Wのセメント抵抗を2個並列で0.5Ωとして端子の片側に入れ、更にもう一方に0.2Ω5Wを入れて合計0.52Ωにするという、姑息な手法でこの問題は解決です。 

 その後さらに考えを変えて「813を横にして使おう。」と思いたち、写真の様にセットしてみました。

f:id:ja7zf:20210115195436j:plain

↑ 横倒しにつけた813終段部

トランスにぶら下がっている2本の四角い棒がセメント抵抗です。 こうやって真空管を点灯させて「ニタニタ」している時が一番楽しい段階ですね。

 いよいよ終段の出力部分に入りますが、周波数が低いのでコイルのインダクタンスやバリコンの容量が普通?のHF帯バンドと比べてかなり大きい値になります。 難しい理屈はともかく、 諸先輩方の製作を参考に進めてみました。

 まずプレート側のRFCは、直径15 m/mの棒コアに0.4 m/mエナメル線を400回巻きにして、LCメーターで測ると大体13mHです。 これなら多分OKとみてこのまま採用。

 プレートタンクコイルは、空芯で作るとなれば結構な大きさとなりそうなので、 ここはトロイダルコアで作ります。 先輩JA7NIさんのマネをして、アミドンのコアを2個重ねて1 m/mエナメル線を70回巻き約114uHを得ました。

 プレート側バリコンは、高圧バリコンならベストなのでしょうが、 ここは送信機の ”試作” と割り切って受信用で試すことにしました。 仲間内に聞いてみたらJA7GYPさんが3連バリコンをお持ちだそうなので分けてもらう事に。 後は手持ちの物で何とかなりそうです。 

f:id:ja7zf:20210125091110j:plain

↑ RFC、巻き終りの辺りは重ね巻きになっている。

f:id:ja7zf:20210207083015j:plain

↑ トロイダルコアのタンクコイルとバリコン

 プレート電圧が 750V なので、このバリコンでは少々心許ないけれど、「万一スパークするようならパワーを落とせばいいべ。」と成り行き任せです。

 全部出来たところで試運転。 変な動作があったので、調べたらちょっとした誤配線というオソマツ。 その後再動作、特にスパークなどを起こす事も無く、出力は約50Wを確認しました。 

f:id:ja7zf:20210207150204j:plain

↑ パワー計で50Wを確認。

 動作を確認したところで、 フィラメント電圧降下用の抵抗と、ついでに球も冷やそうと思って、クーリングファンなどを取り付けて、「まな板式475KHz送信機」は出来上がりとなりました。

 813のプレート電圧は750V、 スクリーン & 前段の+B は270Vですが、ケースは無し、カバーも無しなので感電の危険性マル出し。 で、キャッチフレーズが、

「飲んだらサワるな。」「サワるなら飲むな。」 

 現時点で475KHz帯の免許は得ていないので、実際に使用する事は出来ません。 免許の申請をするかどうかは今の所決め兼ねています。 このバンドの免許を得るには色々とクリアすべき条件が多く、そのハードルも結構高いので、挫折して終ってしまいそうな気がしますけど・・。

f:id:ja7zf:20210206104203j:plain

↑ 全体はこんな感じです。



475KHz帯の送信機

 475KHzの送信機製作をしようと思い立って、まずは初段の発振器の製作に取り掛かりました。 仲間のGypさんから原発用の水晶発振子を借用できたので、これを元に作ります。 原発信の周波数は7.6MHz、ロジックICの74HC04で7.6MHzを発信させ、さらに74HC4040で16分周して475KHzを取り出しました。 HC4040は、2分周から4,8,16,32・・・とマルチに分周した周波数を取り出せるので便利なICです。 

             ⇓ 発振部の基板

f:id:ja7zf:20201216194040j:plain

 出来上がったら5V電源を繋いで動作させてみます。 写真は右のICがHC04,左がHC4040です。 中央は7.6MHzの水晶発振子と微調用のトリマーコンデンサです。 これにオッシロスコープと周波数カウンターを繋いで動作を確認します。

         ⇓ 周波数はトリマーを回して合わせます。

f:id:ja7zf:20201217095519j:plain

     ⇓ 16分周された475KHzの波形。 完全な矩形波です。

f:id:ja7zf:20201217095612j:plain

 矩形波のままでは無線用として使えないので、 LCによる同調回路を通さなくてはなりません。 試しにHC4040の出力にDCカットのコンデンサを介して繋いでみます。 同調用LCは、トランジスタラジオのバーアンテナとポリVC。 コイルのタップから取り出した波形は妙な波形になってしまいました。

             ⇓ こんな感じ。f:id:ja7zf:20201220112611j:plain

 そこで予定通り、ICの次段には真空管6BA6での緩衝増幅部を繋いでやってみる事にします。 ジャンク箱をかき回してダイオードやらコンデンサ、抵抗、等々を集めての俄か造りです。HC4040の出力をDCカット用のコンデンサを介してから、ICの出力レベルを調整出来るように半固定VRを通して(どうせ、475KHz程度だし問題なしと思い)6BA6のグリッドへ、そしてプレート側にはTRラジオのバーアンテナとポリVCの同調回路を接続。 全部出来たら通電しますが、この瞬間のワクワク感がたまらないですね。 まずはICの発振部を確認、半固定VRを回して6BA6への信号レベルを適当に上げます。

                                 ⇓ 俄か造りの発振部と緩衝増幅部(6BA6)

f:id:ja7zf:20201224141923j:plain

 6BA6のプレートコイルのタップ出力にオッシロスコープのプローブを繋ぎ、波形を見ながら ポリバリコンを回して出力最大にします。 

        ⇓ これは、6BA&入力側の波形(勿論まだ矩形波です)

f:id:ja7zf:20201224142000j:plain

        ⇓ プレート側での波形(綺麗な波形になりました)

f:id:ja7zf:20201224155012j:plain

あとは、この波形を見ながら発振部からのレベルなどを設定して、ここまでの作業は終わり。

 この後は、6CL6,で増幅し2E26のドライバー段、ファイナル813(4B13)で出力50W位を目論んでいる所ですが、果してスイスイ事が進むかどうか・・・。

 鬼に笑われるでしょうが、来年の楽しみにとっておきます。

 

世の中はコロナで大変で、さらに年末年始は大雪の予報になっています。来年は皆さんにとってどうぞ良いお年となりますように!。

 

 

アンテナの交換と干し柿

10月20日は、予定していた無線のアンテナ交換をJA7GYP, JA7EPO, JA7ZPの3氏にお助けをお願いして実施しました。 この日はこれ以上は無いと言う程の上天気に恵まれました。風も無く絶好の工事日和、誰の行いが良かったのですかね?。

 これまでのアンテナは、ついうっかりパワーを突っ込み過ぎて、エレメントの一部がスパークして焼けてしまい、7MHzが使えなくなっていたのです。 今度はもっと耐電力の大きい物にしたので、やっとフルパワーで楽しめそうだなぁと気分はわくわくです。 皆さんが作業で忙しいので、写真はホンのちょっとしか映していません。

 

⇓ 焼けた?アンテナの撤去作業中。タワー上はJA7EPO, バケットに乗って楽してるのが私。 

f:id:ja7zf:20201020092615j:plain

 お陰様で午前中にアンテナ本体の交換は終わる事が出来ました。 ここで昼休み。 今日はとり唐揚げ弁当などとカップみそ汁で昼食を、そして食後のコーヒーを飲みながらアンテナやDX談義。 やっぱり直接顔を合せて話せるのは楽しいです。 さて、あとはケーブル類の取り回しと接続、動作確認だけです。 

   ⇓ 交換した新アンテナ。 エレメントは1本減ったがパワーは入るゾ!!。

f:id:ja7zf:20201020113415j:plain

 出来上がって確認したところ、動作に問題は無く、今後ゆっくり調整をしてDX遊びに復帰します。 皆さんありがとうございました。

 

 この日、JA7GYPさんから柿を頂戴しました。 しかし、今日はアンテナ作業でくたびれてしまい、柿の皮むきをする気になれません。

 

 と言う訳で翌日の今日、皮むきと熱湯消毒、吊り下げとなりました。

             ⇓ 頂いた柿です。

f:id:ja7zf:20201021132247j:plain

       ⇓ 皮むき中、このくらいでも手が疲れるのは歳の所為?。

f:id:ja7zf:20201021134439j:plain

       ⇓ 最後の1個ご愛敬。 これはこれで皮むきが難しい!。

f:id:ja7zf:20201021135319j:plain

      ⇓ 全部皮を剥いたら紐に付けて熱湯消毒後に吊るします。

f:id:ja7zf:20201021144119j:plain

 GYPさん、吊るし用に枝を処理して頂いてありがとうございました。 干し柿の完成は1ヶ月後か、さらにあと半月後か楽しみですね。

 

徒然臭(つれづれクサ)

 どうも最近の空のコンディションはパッとせず、道楽のアマチュア無線では、聞いていてもこれと言った局の入感が有りません。 そこで、ホンの思い付きから、アマチュア無線局について「しょうもない」計算をして遊んでみました。 全国を対象にするのは大変なので、地元の東北管内に限ってやってみました。 全て自分の独断、偏見、想像、創造・・と、言う訳で一切の責任は負いませんので念の為。

1.実際に免許されたの局数は(クラブ局YAA~ZZZは含みません)

  JA7AA~JA7ZZ               26x26=676

  JA7AAA~JA7XZZ         26x26x24=16,224  

  さらに

  JE7AAA ~ 今までの最終免許がJP7XZZと仮定すると

  JE7AAA~JP7XZZ        26x26x24x12=210,912

  従って居る筈の総局数は、

                676+16,224+210,912=227,812

  が居る筈です。 ところが、

2.「総務省無線局統計」からアマチュア局数を見てみると、

  約41,800しか居ません。 残りの186,000はどうしたのでしょうか?。

   統計にウソは無いでしょうから、再免許を受けずに免許切れか、

  自ら廃局したか、はたまたこの数は亡霊であったのか・・?。

   結果、総数のたった約18.3%が実在の局数ですから、なんと8割以上

  は消えてしまった事になります。 

3.さらに、この実在の41,800のうち、移動する局と移動しない局の

  2局分免許を持っている人はどの程度居るでしょうか?。

   単純に自分だけのドンブリで25%と仮定すると、

  41,800x0.25=10,450 なので、実際の人数は

  41,800 - 10,450=31,350

4.この中で実際に短波帯(HF)にアクティブな人は、同様の仮定から、

  35%(こんなには居ないかも?)とすると、

  31,350x0.35=10.972

5.さらに、この中で海外通信(DX)を主にやっている人が15%くらい

  とすると、(但し、今流行りのFT8でしかDXとやらないのは省いて)

  10,972x0.15=1,646

6.東北管内だけで1,600人もDX愛好家が居るのですから、全国を対象に

  計算をすると、この何倍になるでしょうか?。 珍局が出ると

  なかなか自分に順番が廻って来ないのも納得!!と言った所です。  

   結果、 冒頭にも述べたように全くの独断、偏見、etc. ながら、

  この数値が何なのか?、別に何になる訳でもなく、只自分のヒマ

  潰しに遊んでみただけです。

  

 

 

  

秋になった

 避暑地へなどと洒落こんでいたのは、ついこの間だったのに、ここ2~3日はグッと気温が下がってきました。 朝晩はカーディガンなどを羽織っていないと寒いほどです。 あの暑さは何処へ?。

 彼岸になると咲く彼岸花、 何故か丁度彼岸の頃に咲きます。 だから彼岸花なのか?。 今年はいつもより少し多い様です。

             ⇩ 雑草も大繁栄中。

f:id:ja7zf:20200926073944j:plain

 家の周りもすっかり秋模様です。 もうすぐ紅葉の季節なのですが、今年の紅葉狩りはどこへ行くか考え中です。 候補に挙げているのは、県南の栗駒、小安峡、抱返り渓谷などなど、沢山あるので迷っています。 ま、「成り行きまかせ」になりそうです。

 

避暑地へⅡ

 懲りもせず今日は思い付きで「田沢湖高原」へ。 昼少し前頃に出発しました。 とにかくここ暫くの間出かけることが無かったので、その反動が来ているのでしょうか?一昨日に続いての外出です。 昼飯前だったのですが、「途中のコンビニで買おう。」と思って走り出しました。 定番通り先ずは国道13号線を南下。 何だか車が多いなぁと思っていたら、そうか今日は日曜日だった。 失敗したなと思ったものの、ま、仕方がないこのまま行くべ。 途中のコンビニは駐車している車がやけに多く、時間が掛かりそうなので4件も通過してしまいました。 昼飯も買えないまま国道46号線に曲ってしまいます。 さて、コンビニは、と目を凝らして走っていたのですが・・・無い!!。 

 田沢湖町の手前には水芭蕉の群生地として有名な刺巻湿原がありますが、駐車場はコロナ騒ぎのせいで未だ閉鎖中のようでした。  結局、田沢湖町に入ってすぐのローソンでやっと買う事が出来たのですが、目的地がもう目の前なので、このまま田沢湖高原を目指します。 20分ほどで高原にある温泉施設「アルパこまくさ」前の駐車場の隅っこに止めました。

     ⇩ 駐車場から田沢湖を見る。 左側には鳥海山の裾野も。

f:id:ja7zf:20200906133754j:plain

  結構お客さんもいっぱいで、 田沢湖(水面海抜249m、深さ423m)の水面に太陽の光が反射して綺麗です。 また、秋田駒ヶ岳(1637m)の麓だけあって登山帰りと思われる人達が多く、温泉に行く人、帰る人が行き交って賑やかな駐車場でした。 ここで風に吹かれながら遅い昼飯です。

 しかし、一昨日の海に近い仁賀保高原(515m)と比べると、ここは(670m)似たような高さの割に風が温い感じです。 内陸だから?、今日は特別?。 理由はともかく下界から見れば天国なのは確かです。

 

 

 

 

避暑地へ

 昨日は朝から快晴でした。 予報では台風9号の影響によるフェーン現象で、 日中の最高は36℃を超えそうだなどと言っている。 これは家の中で燻っては居られんと思い、 久しぶりに「避暑地」へ向けて出かけてみる事にした。 目的地は、家から1時間余りの「仁賀保高原」です。

 10時半頃出発。 国道7号線を南下、途中の下浜地区は、家並みを貫いていた狭くて危険な道路で事故も多かったのですが、最近新しいバイパスが開通しました。 走行中で写真は撮れませんでしたが、広くて快適になっています。 11時半近くに本荘手前の三川道路公園に車を止め、日本海を1枚。 この時期ならではの真っ青な海、珍しく波も静か。 遠くにはナマハゲが棲んでいる男鹿半島の真山(567m)、本山(715m)、少し右に寒風山(335m)が見えていました。 ここから数10km程度離れています。 

            ⇩ 凪の日本海、北方向。

f:id:ja7zf:20200903105439j:plain

 本荘の市街地に入る少し手前にはJA7AKHさんの高さ40m近いアンテナが見えます。(これも残念ながら走行中で写真無し) あやかって?自分も電波が良く飛びますように・・と、拝んで通過。

 西目の交差点で国道7号線を離れて、冬師方向へ次第に登ってゆきます。途中の道路温度計の表示では29℃、やはり下界よりは低いと実感。 車の窓は全開で誠に爽やかなドライブ、高原の澄んだ空気!!。 コロナ騒ぎで人出は少ないものの、土田牧場には親子連れを始め、お客さんが結構来ているようでした。

 高原の頂上に「ひばり荘」という休憩?施設がありますが、今日は開いておりませんでした。 その横の広場から見える鳥海山(2230m)が靄もかからず綺麗に姿を見せていました。 久しぶりに見ましたが、やはり秋田の名峰、秋田富士と言われるだけに綺麗な富士型です。 これが山形側から見ると全然違う形になってしまうんですね。 鳥海山秋田県の大仙市から横手市にかけての方向から見るのが一番綺麗な富士型に見えます。

          ⇩ 「ひばり荘」から見た鳥海山

f:id:ja7zf:20200903132753j:plain

 

 この辺は牧草地なので、 周りには「牧草ロール」が沢山置かれていました。 暫しの間ここで休憩、コンビニで仕入れたおにぎりとお茶で昼飯タイムにしました。 風が心地よくて眠くなって来たので、下界は今頃さぞ暑いだろうなぁと思いながら30分ほどウトウト。 

 さて、スッキリしたところで名残惜しいけれども帰りましょう。

 帰りの道は「東由利原高原」「花立牧場」を経由して、途中でまた鳥海山を撮る。 このあたりからだと5合目の「鉾立山荘」が見えるだろうと思ったのです。 予想通り何とか撮れました。

      ⇩ 「鉾立山荘」を見る。 表示をちょっと間違えてしまった。

f:id:ja7zf:20200903134100j:plain

           ⇩ 上の写真のクローズアップ。

f:id:ja7zf:20200903134013j:plain

 冬師集落から矢島方向へ。 そして由利高原鉄道(昔のJR矢島線)の気動車と並走しながら本荘へと進んでゆきます。 午後3時過ぎに本荘市街を通過、 再びAKHさんのアンテナを拝みつつ一路我が家へと走ります。アンテナを2回拝んだのでご利益はバッチリ。 

 帰って車から降りたとたん、「暑い」というより「熱い」感じです。 すぐにエアコンをON. 先ずは「泡」で涼を満喫。 

 ここ何日かは30度超えが続く予報です。 人間は勝手なもので、こうなると雪が恋しい!などと言い出し、 降れば降ったで「もう沢山!」となるのは判り切っているのですがね。

(その後)

 機会があって、下浜の国道7号線バイパスを通る事になり、写真を撮って来ました。 以前の国道は地元の住人も命がけの横断で、「酷道7号線」と言われていましたが、このバイパスの完成で旧道の交通量もグッと減って安全になったようです。

          ⇒ 新装国道7号線 下浜バイパス。

f:id:ja7zf:20200907110211j:plain