読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JA7ZFのブログ

Member of The Akita DX Association

 いつも好奇心を持って、無線では毎日DXを追いかけて、タマには作った"タマ"のアンプで好きなクラシック音楽を聞き、天気が良ければお古の自転車を出してツーリングも。  

サイクリングⅡ

f:id:ja7zf:20130629121737j:plain

f:id:ja7zf:20130629122027j:plain

 ここ何日も晴天が続いている。日中は気温も結構上がるのだが、湿度が低いのでさほど「暑い」という感じはしない。その点自分としては大いに助かっている。朝夕など半袖では少し寒いくらいだ。今日は10時頃から、また自転車で出かける事にした。どこという宛もなかったが、とりあえず郊外の「藤倉水源池」を目指して出発。自宅のすぐ近くからそこまでは遊歩道か自転車道らしきものが、10数キロ程続いているので、車も気にせずゆっくり走れるのだ。この道は、45年程前まで、営林局の木材運搬用トロッコのレールが敷かれていた跡だ。例によって、倅からの払い下げツーリング車だが、これまで何回か乗り回したおかげで大分乗り慣れて来ている。幅2メートルにも満たない自転車道だが、気軽に走る事ができて爽快な気分。今日は 風の具合も丁度良く、あまり汗もかかずに1時間もしないで到着。ここは秋田市の水瓶と言われた所で、国指定重要文化財にもなっているが、今は公園として整備されている。いつもなら勢い良く水が流れ落ちている筈だが、見ると今日はほんの僅かしか流れていない。晴天続きで水不足のようであった。このままで行くと、田圃に悪影響が及ぶのではと、少し心配である。この水源池の脇を通るこの自転車道は、車道のすぐ下を通っている。一見、箱根駅伝でお馴染みの「函嶺洞門」に似ている様で、そのミニ版といった感じだ。30分ほど休んでから帰路についた。途中、笹巻きに使えそうな笹の葉を見つけたので50枚ほど採取し、ついでに川べりに在った小さな神社に向かって「雨乞い」などをしてのんびりと帰った。

※ 藤倉水源地について、詳しくは「Wikipedia」をご参照下さい。