JA7ZFのブログ

Member of The Akita DX Association

 いつも好奇心を持って、無線では毎日DXを追いかけて、タマには作った"タマ"のアンプで好きなクラシック音楽を聞き、天気が良ければお古の自転車を出してツーリングも。  

新インターフェイス製作

 

f:id:ja7zf:20130808151654j:plain

f:id:ja7zf:20130808151814j:plain

 RTTY,SSTVのインターフェイスなどを前に作ったが、それらの小物機器がゴロゴロ転がっていて、どうも無線機周りが落ち着かない。不要の物は整理しようという訳で少しでもスマートなシャックにする為に、今回はそのインターフェイスと、送信機 / リニアアンプの送受切替のタイミング回路を一緒に組み込んで作ってみた。これだけでも無線機の後ろ側の配線類はスッキリさせる事が出来るはずだ。デザインは、前に作ったDTMFの制御器と同じケースを使う事にしたので、見た目も統一感があっていい。(と、自己満足)それぞれの回路をユニバーサル基板で作って、ケースに組み入れるというだけだが、ケース加工はいつも難儀する。穴あけ作業は嫌いではないものの、取り掛かるまでがどうにも億劫だ。デザイン的にも飽きがこないように「カッコよく」も必要だが、これとて今まで同様自己満足で終わるのが常だ。回路は前に作ったものと同じなので、公開するほどではありません。製作過程をいちいち載っけてると大変なので、今日はその途中と完成図の2枚のみです。配線間違いなど、紆余曲折を経て、今のところ順調に動いております。