読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JA7ZFのブログ

Member of The Akita DX Association

 いつも好奇心を持って、無線では毎日DXを追いかけて、タマには作った"タマ"のアンプで好きなクラシック音楽を聞き、天気が良ければお古の自転車を出してツーリングも。  

秋深し

 ここ数日は晴天が続き、実にすがすがしい。 昨日は、暫く自転車に乗っていなかったので、久し振りに近くを散歩してみました。 ちょっと見ぬ間に周りの木々はすっかり色づいて、秋も真っ盛りと言う感じです。

f:id:ja7zf:20151019115408j:plain

 千秋公園の入り口の「穴門の堀」前は見事な紅葉でしたが、そろそろ終盤かなとも思える感じで、色合いが赤から茶色への変わり始める雰囲気です。 ここから山王通り(通称竿灯通り)のケヤキ並木を眺めて、旧土手長町を通過し、南通り、市民市場前の銀杏並木を見ながら帰途につきました。 いつもは車で通過するだけの場所も、自転車でゆったり見て廻ると、いろいろと発見があります。 この日は、旭川にドでかい鯉が泳いでいた事です。(ほとんど知られている事らしいですが・・・)

 さて、今日は近くのスーパーで渋柿を買い求めて、干し柿作りをしました。 毎年やってみるのですが、「これぞ干し柿。」という出来の良い状態に仕上がったことがありません。 何か「コツ」でもあるのでしょうが、そこは素人のやる事と、毎年お茶を濁して「硬く仕上がった干し柿モドキ」を食っています。

f:id:ja7zf:20151019112543j:plain

 今年の初冬も「歯の訓練」になるかも知れません。??

 

 

 

タワーのメンテナンス

 2~3日前にタワーの会社からメンテナンスの連絡がありました。東北地方何箇所かに仕事があり、それに併せて「メンテをした方が良いのでは。?」と勧められて、月曜日午後にやって貰う事になりました。 建設して丸4年も過ぎましたので、丁度頃合なのかもしれません。 これまでは、自分なりにグリスアップやワイヤーへの注油などはやって来たのですが、やはり何年かに1回はプロに見てもらう事も必要です。 

f:id:ja7zf:20150928162155j:plain

        ↑ ウィンチ部を開け、ガード用ネットの取り外しから始まる。

 まず、現状を把握する為、タワーのUP & DOWNをしてみます。 その後Full Upした状態にして電源を切り、2人が上まで昇って、ワイヤーやプーリーの状態を調べながらタワーの主柱部分とワイヤーにグリースを塗布しつつ順次下りて来ます。 その間下ではウィンチ部のウォームギア、プーリー、エンコーダー、Vベルト等の点検やメンテをやります。

f:id:ja7zf:20150928163802j:plain

      ↑ Full Upで上まで昇ります。 自分だったら固定の普通のタワーなら何十mでも

         昇れるが、さすが、クランクアップタワーは下で見るだけ。

 メンテナンスの結果は、さすがプロです。 色々な??であった箇所をキチンと修正して頂きました。 肝心のワイヤーロープも特に「ケバ立ち」は無く今の所は良好との事。 作業が終って、やはりタワーの昇降も静かでスムーズになったと感じます。何よりも「安全、安心」を頂きました。 これで、また数年は安心してDX稼ぎに専念できます。施工の皆さんお疲れ様でした。

同軸切替器

 大分前に古い仲間から同軸切替器を譲り受けました。 元々はポケベルの中継局用で、アンテナとダミーの切り替えに使用されていたらしいですが、構造の違う(A)と(B)の2台あります。とりあえず(A)の方の回路究明に取り掛かってみました。 こちらはソレノイドで金属棒を出入させてコネクタ接点を切替える方式のものです。

f:id:ja7zf:20150914171126j:plain

          ↑ コネクタ側より見る。(LS-2とか言う型名らしい)

f:id:ja7zf:20150914171151j:plain

        ↑ 反対側より見る。 単なる切替器にしては複雑?です。

 線を1本ずつ辿りながら配線図を描いていきます。結構時間を要しましたが何とかモノに出来ました。 で、解った結果が下の回路図です。

f:id:ja7zf:20150917121307j:plain

 

 

 回路では -21Vとか -48Vなどとなっているのですが、これは恐らくTXからの電源電圧によって選択出来るようにしたと思われます。 そこで、電圧は少し足りないけれども、試しに手持ちの電源の最高値 -16V位で、 -21VとG 端子につないで実験してみました。 あとは12Vをアンフェノールコネクタの(3-2)か(3-1)間に0.5秒ほど加えてリレーを動作させてソレノイドをドライブしてやれば、コネクタの接続が切り替わるはずです。 やってみたら、電圧の低かった分、動作が少しノロいけれども上手く動きました。 使える事が判ったので、配線を元通り綺麗に整理してケースに戻します。 そのうちに今の切替器と交換する時が来るでしょう。 それまでビニール袋に入れて大事に保管します。 でも、これ何Wまで耐えるでしょうか?。

f:id:ja7zf:20150914203114j:plain

             ↑ ケースに収めてコネクター側より。

f:id:ja7zf:20150914203206j:plain

 ↑ 同じく後?側。 丸いノブは手動切換用で、押し込むとコネクタ(1-2)、(3-4)が繋がり、  引っ張ると(2-3)、(4-1)が繋がります。 停電時緊急用?、テスト用?。

 

 その後、(B)の方の回路究明に乗り出して見たのですが、こっちはロータリーセレクターと3段ロータリースイッチの組み合わせになっており、その配線も複雑で見えない部分も多く、回路的には未だによく解らない状態です。 こっち(B)には、電力250Wと書いてありますが、同軸切替部の造りは(A)(B)共に良く似ているので同じ様な感じの耐電力かもしれません。 しかし、HF帯でならもう少し上がりそうです。 出来れば1,000W位は最低でも・・・。 そうそういつまでもハラワタを出したままにして置けないので、近々元に戻すつもりです。 つまりは「オテアゲ」って事で。 残念!!。 

 

わらび座

 久しぶりに「劇団わらび座」のミュージカル?を見に行って来ました。 今回は田沢湖町神代にある本部?「わらび劇場」ではなく、秋田市の中心部にある「AU]の3階にある小さなホールです。会場に着くと、小学生の団体が先生の引率で並んでいました。ホールに向かうとき、団体は通常席に、一般客は前2列に置かれた臨時の席へ座るようにとのお達し!。 我々は前から2列目、舞台の真ん前に座りました。

f:id:ja7zf:20150908145616j:plain

       ↑ 開演前のステージ。 あまりに前の席で全体が撮れません !!。

 演題は「政吉とフジタ」 世界的大画家である藤田嗣治と秋田の大地主で、後に藤田のパトロンと、その作品の一大収集家ともなる、平野政吉との出会いと交流のストーリーです。 歌あり踊りありの、ほぼ1時間半の公演でしたが、演者が目の前なので迫力充分。 小学生がお客さんの8割以上を占めていた様で、終った時はもう大拍手です。カーテンコールもあり、出演の方々も大サービスでした。子供達にも、この世界的画家と秋田の深い関係が、しっかり刻み込まれただろうと思える、素晴らしい公演でした。

f:id:ja7zf:20150909101045j:plain

  

★ ところで、レオナール藤田の代表作である、幅20.5m、高さ3.65mもある「秋田の行事」をはじめとする絵が、今の新美術館に移転されたわけですが、私は今でも元の美術館を解体などしないで、ここに戻して欲しいと強く思っています。何といっても、藤田自身の助言を取り入れて造られた元の美術館。今は無機質的な建築物に加え、展示場の空間の広さといい光の具合といい、この絵の意図が全く組入れられていない様な気がします。移転の話が持ち上がった時、県民の多数から反対意見も合ったはずなのですが、何故か強引に決められてしまった経緯があります。 

 ある方のブログが、とても参考になりますのでご紹介します。

http://akitaculture.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

 

 

 

補修工事の補修

 先日、裏口補修はしてみたものの、3日後早速「踏んづけたら、レンガが外れた。」 やっぱり素人作業だナァと思った。 そこで今度は、もう少し完全にと思い、レンガの継ぎ目にもセメントを入れる事にしました。(もっとも、これが普通の工事なのです) まず上の段のレンガを無理やり剥がして、下の段のレンガの水平を取り直した後、継ぎ目部分にセメントを詰め、その上面にもセメントを塗ったら、上の段のレンガの継ぎ目部分にもセメントを付けて、全体の高さと位置を合わせながら積んで行きます。 

f:id:ja7zf:20150901134208j:plain                                                    ↑ 継ぎ目にもチャンとセメントを詰める。

 

  前回は、左端側が少し傾斜してしまったので、これも併せて修正をしました。 さらに、ここまでやったついでなので、後ろ側のカッコ悪いブロックを、「この際少しは見栄えのする石にでも置き替えて見よう。」と言う事になり、カッコいいかどうかは別として、とにかくやってみた結果が これ ↓です。 まぁ、ブロックよりはマシですが。

f:id:ja7zf:20150901134153j:plain

 たったこれだけの事ですが、歳の所為か結構疲れます。 それも作業当日ではなく、

翌日~翌々日あたりが一番効いてきます。 これから1週間ほどはあっちの筋肉、こっちの間接と痛くなるのかな?。

 

 

 

裏口の補修工事

 表口、裏口というほど広い敷地ではないが、いつも自転車で出かけるときは、こっちから出入りしている。 今までレンガを並べるだけで誤魔化していたので、出入りの都度にレンガが動き回って、あっち向いたりこっち向いたりしていました。 それを固定すべく、素人工事に取り掛かりました。 まず、レンガの並べ替えですが、数が不足だったので近くのホームセンターで同じものを買って来ました。 まずは下の段のレンガです。砂利を敷いてから道糸を張り、高さなどを慎重に合わせながら並べます。 それが決まったら今度は上の段。 たまたま残っていた簡易セメントと水をバケツでこね回してから、敷き終わったレンガとこれから乗せるレンガを水で濡らします。 下の段のレンガの上にセメントを5m/mくらいの厚さに塗って、その上に上の段のレンガを貼る感じで押し付けます。

f:id:ja7zf:20150821155929j:plain

  あとは固まるのを待つだけです。 固まったら本格的に砂や砂利を、レンガと同等の高さに寄せて形が出来上がります。 が、なにしろ素人工事の事ですから、はたして上手くいったのかどうかは、明日以降のオ・タ・ノ・シ・ミ。?

f:id:ja7zf:20150821155950j:plain

  ↑ 真ん中のブロックは、とりあえず「通行止め」のツモリ。 左のコンクリート塀は隣のマンションのもの。

 

  

広重の風景画の版画展

 16日に美郷町の学友館で、「広重の風景画版画展」をしているとTVのニュースで知ったので、翌日に足を運んでみました。この美術展は、栃木県にある「那珂川馬頭広重美術館」の所蔵する広重の名作「東海道五十三次」「富士三十六景」の全てが展示されているとの事で、期待を持って家を出ました。 

f:id:ja7zf:20150717132711j:plain

f:id:ja7zf:20150718160641j:plain

 実を言うと、この展覧会に関しては、事前に何の宣伝を聞いた事も、見た事も無かったので(自分は地元地方紙を購読していないから?)XYLと半信半疑で来てみたのです。会場の学友館に到着はしたものの、写真の通り誰も居ないものだから、一瞬「俺たちキツネに・・・?。」 でも、まず行ってみようと恐る恐る入ってみたら、お客らしき人が数人と受付のおじさんが居たので一安心。入場料2人分1,000円を払って展示場内へ入りました。 中では、本物の版木を使って、刷りの工程を展示説明している場所も設けてあって、なかなか丁寧です。版画の制作過程がよく理解できました。肝心の版画ですが、これが期待に充分というか、それ以上に素晴らしいものでありました。 「東海道五十三次」の全55枚、「富士三十六景」(北斎富嶽三十六景をかなり意識して作られたんだそうな)全36枚、それに「東都名所」と銘打たれた江戸の名所を描いたもの等々、全部で丁度100枚です。やはり本物は気迫が違います。ナマモノを見せ付けられて、半信半疑など何処吹く風、十二分に堪能させて貰いました。 それにしても、「これほどの展覧会を、なぜ大々的に宣伝しないのかなぁ。」とつくずく思わされた1日でした。が、自分としては何か儲かった様な気分です。 ただ、エアコンの効き過ぎで寒い程だったので、鑑賞に集中しにくい状態であった。 これだけが主催者側にはもう少し配慮して欲しい所であった。20日まで開かれていますので、お出でになるなら、まだ間に合いますぞ。