読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JA7ZFのブログ

Member of The Akita DX Association

 いつも好奇心を持って、無線では毎日DXを追いかけて、タマには作った"タマ"のアンプで好きなクラシック音楽を聞き、天気が良ければお古の自転車を出してツーリングも。  

紅葉を見に

 10月23日と24日に、秋田県の中央北部の森吉山麓へ紅葉見物に出掛ける計画を立てていました。今年は、初日に国民宿舎森吉山荘に一泊して、翌日はスキー場のゴンドラに乗り、森吉山のてっぺん近くまで行く計画です。あとの事は成り行き次第。この日と翌日の予報は、天気具合も最高で絶好の紅葉狩り日和となりそうです。山荘へ行く途中で立ち寄った森吉山ダムの堤を歩きながら、周りの山の紅葉ぶりを見ると、結構な綺麗さです。

★ ダムの堤を歩く(全幅 約800m)

f:id:ja7zf:20141023144246j:plain

★ ダムから見た山の紅葉(バカチョンカメラでは良く判りません) ↓

f:id:ja7zf:20141023151345j:plain

 このダムは、普段各地で見かけるコンクリートの塊の様なダムと違って、「中央コア型ロックフイルダム」というものだそうで、土、砂利、岩石が堤の材料だとか。そんな訳で堤の表面は岩石が大量に積まれていました。

★ 構造図(国交省能代河川国道事務所HPより)

f:id:ja7zf:20141025165606p:plain

 翌朝は、森吉山荘から県道309号を戻って国道105号線へ出て阿仁合方向へ向かいます。 

f:id:ja7zf:20141024093955j:plain

山荘の周りの山は勿論、県道の道すがらの山々も見事な色合いで圧倒されます。国道へ出て南下、30分程で阿仁合の町に入り、トンネルを潜ってすぐ森吉山阿仁スキー場方面へ左折。30分位するとゴンドラの山麓駅に到着です。ゴンドラに乗って標高が上がるにつれて、木々の色が黄色から茶色へ、そして頂上駅近く(1000m位?)では落葉した枝だけになってしまいました。やはり下が綺麗だと上はもう終わりで、温度差が大きい事が判ります。それでも、今日の日中は寒いという感じは全く無く、歩くと少し汗ばむ程という、10月下旬にしては珍しい天気に恵まれたと思っています。

★ 間もなく頂上駅(広葉樹には葉がありません) ↓

f:id:ja7zf:20141024111707j:plain

 ここからの帰り道は、また105号線を南下、大覚野峠を越えて角館を経由。武家屋敷通りの、少しだけ赤くなりかかった楓を見て、秋田への帰路につきました。「やっぱり車の方が自転車より楽だワイ。」