JA7ZFのブログ

Member of The Akita DX Association

 いつも好奇心を持って、無線では毎日DXを追いかけて、タマには作った"タマ"のアンプで好きなクラシック音楽を聞き、天気が良ければお古の自転車を出してツーリングも。  

スーパーラヂオ再開

 しばらくの間放りっ放しだったスーパーラヂオの製作ですが、パネルの穴あけが完成したのを機に、再度取り掛かる事にしました。 しかし、久しぶりに、それもン十年ぶりにシャーシー加工など、戸惑ってばかりが続いています。 ボール盤でも持っていれば事は楽なのですが、電池ドリル一丁では寸法通りに穴をあけるのは意外と難しいものです。 ましてや、怪我の後遺症?による手の感覚が不完全では、気持ちは「あゝ」でも実際は「こう」なってしまったりで、なかなか思い通りには行かず、焦ってばかりです。

       ↓ パネルやシャーシーへの穴あけ。ダイヤル部の仮設。

f:id:ja7zf:20161022103418j:plain

 やはり、何をするにも「道具」なのです。 道具一つで出来栄えは全く違う物になってきます。 それでも何とか部材を取り付けできる処まで漕ぎ着けましたので、ダイヤル系の仮設をして、動き具合を確認します。 良ければパネルを前から充てて、穴の位置にズレなどは無いかを確認して、他の部品を取り付けて行きます。 見てお分かりの通り、ダイヤル板はCD-Rのナマ板です。 これに後から目盛りをつけます。

           ↓ 部品の取り付けが終わった所。

f:id:ja7zf:20161022114853j:plain

    

   ↓ 以前に作って置いたダイヤルエスカッションとSメーター(もどき)の取り付け。

f:id:ja7zf:20161026100349j:plain

 大体の形が決まって、次は配線に取り掛かります。 が、ここで一大発見。 「あれっ、 5V端子が無い。!!」 パワートランスからの配線をしようと見た時です。6.3Vは3か所あるのに、整流管5Y3のフィラメント用5Vが無いのです。 暫く考えた後仕方がないので、6.3Vの1か所を使う事にしました。 そこで、5Y3のフィラメント規格は5V2Aなので、6.3V→5Vに下げるために抵抗をシリースに入れるという姑息な手段で凌ぐしかありません。2Aで1.3Vの電圧降下を得る為に、R=E/I から R=0.65Ωになります。 これに近い市販されている抵抗値は、0.68 がありますが、より近似値とするために 0.33Ω をシリースにして 0.66Ωを入れる事にし, これによって 0.66x2=1.32V の電圧降下になりますが、0.02V程度の差は目をつむっても問題なしです。抵抗の耐電力は、2 x 2 x 0.66 = 2.64Wだし、0.33だと、2 x 2 x 0.33 = 1.32Wなので、充分過ぎる余裕を持って5Wのセメント抵抗を使いました。

      ↓ 裏返していよいよ配線を始めます。(5Y3の所、白いセメント抵抗2個が0.33Ω)

f:id:ja7zf:20161026094603j:plain

 それにしても長期ブランクと言う事は、何をやるにも昔のように「スイスイ」事が運ばないという事実を突きつけられました。 それは仕方がないことなので、まず焦らずゆっくり楽しみながら(これが難しいのですが)作って行きます。 今年の物になれたらそれで上々という気持ちです。 

 「ラヂオ少年」に還るのも、結構大変です。 ハイ。

彼岸花と金木犀とラヂオ

 我が家の狭い庭に彼岸花が咲き始めた。 何年か前にJA7AO松本さんがまだお元気だった頃に無理にお願いして分けて頂いたものだ。 植えて翌年は良く咲いたのだが、ここ何年かは少し寂しい数しか咲けないでいた。 しかし、今年は急に沢山の芽が顔を出し、今日は8分咲きくらいになった。 

        ↓ 咲き出した彼岸花(全体の半分くらいですが・・・)

f:id:ja7zf:20160928102505j:plain

 見れば見るほど不思議な形の花です。 また、花が終わって枯れないと葉が出てこないし、翌年その葉が枯れてから茎がにょきにょき出てきます。 さらに良いことに、花が終わっても何の手入れも要りません。 自分は、花木が好きで手間の掛かる草花は苦手なのですが、この彼岸花だけは手間いらずで綺麗なので別格です。 やっと沢山咲けるようになりました。 天国の松本さん、見て下さっているでしょうか?。 

 今年はほかの花も良く咲いて、金木犀もほぼ満開です。 庭を歩くとあの強い香りが

漂ってきます。 この花を焼酎に漬けて、金木犀酒?にすると、香ばしくてとてもおいしく飲めます。

                ↓ 満開の金木犀

f:id:ja7zf:20160928102759j:plain

 つい先日まで「暑い、暑い。」と言っていたのが嘘のように涼しく(夜など寒いくらいです)なってきました。

 このあたりで、長い間放りっ放しであった、スーパーラヂオの製作を再開したいと思い、シャーシーに球やトランスなどを置いたりして、出来上がりを想像して楽しんでいます。 ただ、パネルに大きな角穴などは、今の自分には無理と思い、これだけは昨日知り合いの金属加工のプロにお願いをして来ました。 

          ↓ (プロに頼むには、図面を書かなくては・・・)

f:id:ja7zf:20160921113321j:plain

忙しい最中に無理に頼むので、「暇を見てゆっくりやって下されば結構です。」と、内心は早くして欲しいのをグッと堪える。

    ↓ (パネルが出来るまで、ダイヤル機構やほかの細かいレイアウトを練る)

f:id:ja7zf:20160922093236j:plain

 ダイヤル機構などは未だに考え中なので、なかなか進捗しないのですが、写真の様にシャーシーにパーツを載せたりして、これがまた至高のタ・ノ・シ・ミなのですね。

 こうして気持ちはすっかり数十年前の「ラヂオ少年」に帰ってしまうのであります。

暑気払い会

 毎日曜日の9時からの ON AIR MEETING で、「あまり暑いから、暑気払いでもしようか。」との呼びかけに、すぐ賛成。 駅ビル・トピコの3階にある、田沢湖ビールの「MAMMA」に午後2時集合した。 と言っても参加者は、ON AIR MEETING に出たうちの3人です。

        ↓ 待ち切れずに「練習」を始めるJA7GYP古田さん。 

f:id:ja7zf:20160904134658j:plain

 1時45分頃行ったら、GYPさんはもう待っておりました。 もう一人、ZPさんが来る前に「まず入ってるべ。」という訳で、私と二人で店内へ。 ここで、GYPさんがブログの記事を製本したというので、見せてもらいました。 これが中々の出来で、まるで製本屋さんが作ったかの様です。 過去の色々な製作、改造などFBな記事満載されています。 さて、ここらでビールの注文です。 最初の一杯は「ピルスナー」とメニューに書いてあったので、まずこれを注文。 やっぱり地ビールとあって、全国版のキリン、サントリー、サッポロとは少々違いますが、これはこれでまた「味なもの」といった趣です。 「練習」しているうちにZPさんが到着しました。 改めて「乾杯」。 2月以来、久しぶりのGround Meetingです。

  ↓ 3人揃って1枚。(飲んで食って、そろそろお開きの頃)左より JA7ZP, JA7GYP, JA7ZF

f:id:ja7zf:20160904150711j:plain

 今日までQRV予定の VP6J や、先日の CY9C など、また、新発売の無線機器の事などいろいろと語り合って、1時間余りでお開きとしました。

 やっぱり同好の士、話はなかなか尽きませんが、話がDXから、血圧などに変わり始める頃が、お開きの頃合いなのかな?。 hihi

 

またリニアアンプの修理

 5月ごろからリニアアンプの調子が悪くなってきました。 21MHzで使っていると、急にパワーが出なくなったり、時によっては初めから出ない状態です。 ドライブをかけるとIpやIgのメーターは振れているので、タンクコイル以前はちゃんと動作しているようです。 他のバンドはすべてOKなので、もしかしたらロータリースイッチか?と思って、とにかくバラしてみました。

         ↓ バラし始め。これからRFデッキを外します。

f:id:ja7zf:20160726130846j:plain

 前の怪我以来、手や指に力が入らず大変ですが、何とかバレました。 一応ロータリースイッチ周りを調べます。

           ↓ タンク側のロータリースイッチ周り。

f:id:ja7zf:20160726133117j:plain

 オーナー同様で「年寄り」なので、まぁ、あっちこっち錆、ゴミ等々くっついています。 すぐに21MHzにセットして目視で調べましたが、どうも明確な不具合は見つかりません。 そこで接点をエタノールで清掃をして見たところ、ん、!! なんか接点の一部がグラついているような・・・。 そこでそこをドライバーでつっついて見たらポロッと折れてしまいました。 これはもうだめです。 もはや補修部品も手に入らないし、もともとWARCバンドも装備されてなかったし、これは、「そろそろ諦めて取り替えよ!。」の忠告なのかもしれません。

   ↓ 何回かスパークしているので、タンクVCのローターの羽根の一部が溶けている。

f:id:ja7zf:20160726133213j:plain

  新調するとなれば、アイコム八重洲などの国産品を始め、外国製の有名品いろいろと揃っています。が、どれもこれも数十万円以上で、そう簡単に出来る事ではありませんので、これからゆっくり考えます。 そうこうノンビリしている内に、上の方からの(場合によっては下の方)「お迎え」が先かも・・・ネ?。

 

あじさい

 随分遅いと思うが、ようやく我が家のあじさいも咲き出した。 まぁ、鎌倉のお寺ほどには程遠いのは当たり前ですが、カミさんがアジサイ好きで、家の周り半分ほど植えてあります。 

   ↓ 少し早めに咲く、これは柏葉アジサイと言うそうな。(葉っぱが柏の葉に似ている)

f:id:ja7zf:20160616182838j:plain

 全部が咲き揃うには、まだ日にちを要する感じですが、そのころには雨がシトシト、空気はジメジメ~でしょうね。 考えただけで憂鬱な気分になります。

            ↓ 普通のアジサイ。 正式名は??。

f:id:ja7zf:20160627110513j:plain

 さぁ、その憂鬱さをブッ飛ばすために無線で憂さ晴らし・・・出来るかな?。

 

 

 

D/Lにキャスター

 

 前に頂戴したダミーロードに、動かしやすいようにキャスターを付けました。 それほど重い訳ではありませんが、怪我の後遺症?で10Kg程度でも持つのはちょいと厳しいのが現状です。 ホームセンターで、細い板切れと小さなキャスターを買ってきて、簡単な工作で完成です。 これで自由に動かせますので、部屋の掃除の時も楽になりました。 

             ↓ 後部下から見てます。

  • f:id:ja7zf:20160603112827j:plain

             ↓ オペデスクの下に置きました。

f:id:ja7zf:20160604083650j:plain

 これで残った仕事は、リニアアンプの21MHzの不具合の修理と、去年からの宿題「スーパーラヂヲ」の製作の二つとなりました。 でも計画は「アンダーコントロールされてます。」が、「これまでと違う新しい判断で。」延期しても問題無いでしょう。 はて、どこかで聞いたような。

ダミーロードの交換

 いやぁ、このブログも思わぬご無沙汰をしてしまいました。 2月にちょっとした油断から怪我を負ってしまい、暫くは「塀の中」で過ごしておりました。 気が付いたら、桜どころかボケ、花カイドウも終っていて、今はツルバラや西洋シャクナゲが咲いてしまい、併せて雑草も負けじと意気盛んな状態です。

 さて、普段使っているダミーロードは、大きすぎるので戸外においていますが、いつもカミさんから邪魔者扱いされています。 「そのうちになんとかせねば。」とは思っていましたが、先日、無線仲間の処へ寄った時の事。彼の無線室に丁度いい大きさのがあるではありませんか。ご親切にも譲ってくれる事になり、早速頂いて帰りました。

       ↓ 頂いてきたダミーロード。(Nコネ変換を取り付けたところ)

f:id:ja7zf:20160526114445j:plain

 頂いたダミーは、大きさがコネクター部の突起を除いて 150 (W) x 250 (H) x 400 (D)ですので、これなら室内に置いても丁度良い感じです。 放送局仕様で定格電力500Wと来れば、アマチュア的には1KWで2~3分は軽いと読んでおります。

 今まで使っていた物は、大きさが 320 (W) x 500 (H) x 650 (D) あり、おまけに重量は35Kg位もあったので、いかに「ジャマ」だったかが良~くわかります。

   ↓ でっかいダミー。(防雨対策でブルーシート。 上の緑シートは廃棄物ののコピー機)

f:id:ja7zf:20160526114551j:plain

 今度は、新しいダミーの試験をしてみることにしました。 まぁ、HF帯で性能が問題無ければ良い訳ですから、あまり難しくは考えない事にします。 測定器は、買いたてホヤホヤのAA-54(リグエキスパート)です。 はじめはAA-54へMコネとミノ虫クリップを組み合わせた治具(と言えるか?)で、ダミーの変換前のコネクタに直にクリップで接続して測ってみます。

          ↓ 取敢えずクリップで挟んでやってみる。

f:id:ja7zf:20160526163857j:plain

  結果は、F=28.500MHz Z=53.9Ω SWR=1.3 R=52.3Ω X=13.4Ω L=74nH

という結果でした。が、クリップの位置を別の方向へずらして測ると、また違った結果が出ます。(当然といえば当然ですね) やっぱりきちんとコネクターで接続してやらないと、まともな測定値にはなりません。

         ↓ キチンと変換コネクタをつけて、もう一度。

f:id:ja7zf:20160526115221j:plain

  今度はどうでしょうか?。同じくF=28.500MHzです。 

 Z=50.1Ω SWR=1.01 R=49.9Ω X=0.0Ω L=0.1nH  と出ました。 さっきのクリップとは全然違っています。 これなら文句なく使って行けます。(元々プロ用なんだから当たり前か・・・。)

 あとは、今までのデカ・ダミーの処分を考えねば。